2014年03月12日

職員Hの福島日記27

3月2日(日)、「つつこ引き祭り」(伊達市)へ行ってきました。

この祭りは、厳島神社で江戸時代から続く五穀豊穣と無病息災を祈る祭りで、

福島県の10大奇祭に選ばれています。

つつことは俵のことで、この祭りでは、直径約1.5メートル・長さ約3メートル・重さ約800キロの

巨大な俵が使用されており、裸の若衆に担がれ町内を練り歩く”パレード”は勇壮そのものでした。

クライマックスでは、この大俵を3方向から引き合い地面にたたきつける”引き合い”が行われ、

最後はつつこの中のふかしたもち米が餅に代わり、最後は参加者に振舞われました。

とても活気がある祭りで、見ている側にも熱気が伝わり、冬の寒さを忘れることができた祭りでした。










Posted by ランタナ at 08:41│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。